横浜市~磐田市220kmロングライド

f0171215_12112866.jpg

6/20(土)。

自転車仲間のhirotoさんが浜名湖まで行かれるというので、
ずっと前から試してみたかった「静岡県磐田市の実家へ自転車で帰省」を実行に移すことにしました。



どうせなら、hirotoさんもついでにウチの実家で冷たいやつをぐいっと一杯飲んで、
泊まってしまって、次の日に浜松からでも、新幹線で帰りましょうかという算段です。

今回のタイムスケジュールやルート選択は、前回、福井のご実家に自転車で帰省したことのある
hirotoさんに甘えてしまう形で。感謝です。

AM4:00に藤沢橋の交差点で待ち合わせのため、逆算して考えると、
1時間半前のAM2:30に自宅を出なければ間に合いません。

前日、仕事を必死で片付けて、PM20:00にはベッドにもぐりこんで寝ます。
いや、全然眠れないのでほぼ寝たふりなんですけどね。
それでも、これからきたる試練のためになるべくカラダを休めておきたいところです。

f0171215_1294129.jpg

AM1:00起床で、かき玉うどんをすすって、ウィダーインゼリーを流し込みます。
最近は、「すぐにエネルギーに変わるもの」「1時間ほどしてエネルギーに変わるもの」
を2種類とるようにしています。

f0171215_1210014.jpg

前日にきっちり準備していたのが幸いして、時間通りにAM2:30に余裕をもって自宅を出発です。
あたりはまだ真っ暗。早朝というよりも完全に深夜です。

f0171215_12101240.jpg

自宅近くの「環状4号入口」交差点から入って、環状4号をずっとまっすぐ進みます。
青葉台を抜け、海軍道路を通り、国道一号の「原宿」交差点から藤沢橋を目指します。

当然、車も人もほとんどいません。
暗闇の中の単独走はちょっと物悲しい感じ。

f0171215_12102416.jpg

AM3:50藤沢橋到着。

f0171215_12103447.jpg

数分遅れて、hirotoさんと、今回お見送り?してくださるAパパさんと合流です。

先頭hirotoさんで、次がワタシ、Aパパさんに後ろをもってもらって、スタートです。
藤沢橋からは、藤沢バイパスを迂回して国1に再合流します。
箱根湯本まではずっと国1をまっすぐ。巡航30kmぴったりの気持ちいいペースです。

f0171215_12104320.jpg

AM6:30箱根湯本駅近くの三枚橋を渡ったところです。
いよいよここから本日一番の難所、箱根を越えます。

f0171215_12105286.jpg

去年の「初心者の箱根」で一度上っているはずの箱根ですが、
なんだか大分苦しいです…。
こんなに斜度があったっけ?と思いつつ単独走でペースを守ってゆっくりと上がります。

f0171215_1211363.jpg

ここから有名な「七曲」。実はここにくる前の畑宿あたりまでが一番きつく、心折れていました。
七曲からは、タイトなコーナーのある登りが何個も続きますが、こちらのほうが気分的には楽です。

f0171215_12111058.jpg

AM7:35。なんとか「甘酒茶屋」まで上がってきました。
薬草入りのお茶をいただきつつ、カラダを小休止です。

f0171215_12111899.jpg

ふと、上ってきたほうの道を振り返り、まだ朝だったんだと気が付きます(笑
いつもだったらここで大満足なのですが…。

f0171215_12113758.jpg

芦ノ湖へ下ります。

f0171215_12114815.jpg

さらにちょっと上って、初めての「箱根峠」に来ました。なかなかの達成感。

ここから三島方面へ。下るのが嫌になるほどの距離をいっきに下ります。
ここまでずっと下りだと、ブレーキングをしている手も、バランスをとり続けている足にも
結構な疲労が。

f0171215_1212490.jpg

沼津千本通り店のスマル亭で朝飯。

f0171215_12121293.jpg

桜えびのかき揚げののったそばを。
普通に朝飯の時間とはいえ、こまめに補給を繰り返しているので、胃が疲れ気味。
しかし、香ばしいかき揚げに食欲を刺激されて、いきおいよくお腹におさめます。

f0171215_12122110.jpg

富士山。やっぱり静岡県を走っていたら、これがなくては。

f0171215_12122950.jpg

国1で時折出現する、自転車通行不可の「バイパス」をうまく避けて、
由比の海岸沿いの太平洋岸自転車道を。

太陽戦隊サンバルカンのようなカラー構成(笑

f0171215_12123919.jpg

12:50。静岡駅に着きました。

このあたりから、疲労がだんだんと溜まってきて、ペース維持するのが苦しくなってきました。
なるべく足に過度な力をいれないように、自然とペダルが回せるように意識を集中。

ペースがなかなかあがらないのと、由比~静岡までが非常に長く感じて、
何度となく心折れそうになるも、他のお二人にひっぱっていただいて、なんとかここまできました。

f0171215_12124695.jpg

本日、お見送りのAパパさんとはここでお別れします。なんとも長いお見送りになりました(笑
お疲れ様でした&ありがとうございました。

f0171215_12125430.jpg

安倍川を越えて、宇津野谷トンネルを通って岡部宿でひと休み。
宇津野谷峠は次回チャレンジすることを心に決めつつ。

f0171215_12131372.jpg

やっと「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」の大井川を越えます。
ここまでくるとやっと、「実家が近づいてきたなぁ」と感慨にふけったり。

若干曇り空になり、気温が下がってきました。少しでも疲労を抑えたい自分としてはありがたい天気です。

f0171215_12132150.jpg

大井川を渡った後、本日最後のポイント「牧の原」を越えれば、後はほぼフラット。
最後の力を使い切らないようにゆっくりと。

同じように自転車で上っていらっしゃる方もいました。
静岡は、海も近いですが、山も近いのでいろいろと自転車で行けるところがたくさんありそうです。

f0171215_12132869.jpg

16:00。小夜の中山トンネルを通って、下ったところの「道の駅掛川」で休憩です。
最近できたばかりのようで、特産品などを買い求める観光客で繁盛していました。

実家まであともう一息。
この頃、食事がのどを通らないので、困ったときのコーラで急速充電です。

掛川バイパスを迂回して掛川~袋井と国1を進み、実家のある磐田市に17:30到着しました。
2:30に出発していますから、ざっくり15時間の旅でした。

f0171215_12133649.jpg

シャワーで汗やら排気ガスやら砂やらをざーっと流して、至高の一杯。
いつも飲んでいる一杯とは格段に違ううまさ。この一杯があるなら、また行ってもいいかなと思えます(笑

年1回しか帰省しないこともあって、実家ではいろいろ用意してくれていました。
hirotoさんも交えて、今日の旅程のこと、自転車のこと、オヤジがひざを痛めて断念したマラソンのこと。農業のこと。定年退職のこと。

いつも酔いつぶれて寝てしまうオヤジが、夜中までいろいろ話そうとしているのを見て、
たまには帰って顔を見せて、親孝行しないといけないな~と改めて思い直しました。

自転車で実家まで帰るのが親孝行なら、ちょくちょく帰ろうか?
いや、それは体力的にも厳しいか(笑


f0171215_1348276.jpg

6/21(日)次の日。

磐田市では朝から雨が降っていました。心地よい筋肉痛を感じながら自転車を輪行袋に収めて、
車で駅まで送ってもらい、掛川駅から新幹線を使って昼前には余裕帰宅。

やっぱり新幹線の中で飲む朝ビールもうまいっすね(笑

自転車と公共交通をうまく組み合わせれば、
時間の制限があっても十分楽しいことはまだまだありそうだなとわかった2日間でした。

最後に、実家までひっぱっていってくださったhirotoさん、静岡までお見送りにきてくださったAパパさん、SNSに応援コメントくださったみなさん、ありがとうございました。

------
サイコン、実家に忘れてきました。
記録の数字は後で追記予定…。
[PR]
by junebrid0 | 2009-06-22 12:14 | 自転車